あなたの愛犬の為にも!
ペット保険はコチラ!






子犬(仔犬)について

ミニチュアダックスフントの子犬は、よくブリーダーから里親の募集がされています。ミニチュアダックスフンドは大体数匹(2〜6頭ほど)生むのが通例ですので、赤ちゃんを何とか引き取って欲しいという飼い主は少なくありません。

ミニチュアダックスフンドの子犬を販売している場合もありますが、そうしたミニチュアダックスフントの場合は、血統書付きで高価な場合がほとんど。どちらを我が家のペットとして飼っていくにしろ、しつけや飼い方の手引きは自分で見つけ出す必要があります。

ある程度は子犬になるまで(赤ちゃん〜)は、各ブリーダーがしつけをしてくれていますが、ミニチュアダックスフントという犬は、日々の出来事で次第に性格が変化していく犬になります。大体、毛並みが変化すると同時に、一つの区切りを迎える傾向にありますね。

よく、ミニチュアダックスフントを飼っている人の中に、「前のブリーダー〜云々〜」というコメントをしている人を見かけます。ミニチュアダックスフントの場合は、リーダーさえしっかりと決めてしまえば、自ずと新しいブリーダーの方針に従う傾向が強くあります。

他力本願にはせず、自分の力でしっかりとミニチュアダックスフントの子犬を成長させてあげてください。
posted by ダックス at 16:27 | 飼い方・育て方